ハイグリップの特長とは

  • ミドリ安全の「ハイグリップシリーズ」は、発売以来、販売実績が1000万足を突破したベストセラー商品!
    実績・リピート率No.1の厨房シューズです。
    レストラン・居酒屋のホールや厨房、フードコード、ラーメン店、食品工場などの滑りやすい職場で働くみなさまの転倒対策として絶大な支持をいただいています。
    靴による滑り対策は、ミドリ安全にお任せ下さい!

ハイグリップが売れ続けている3つのひみつ

  • 半世紀以上の間、働く人の安全と健康を守る安全靴、作業靴を作り続けてきたミドリ安全が、技術の枠を結集し開発したハイグリップソール。ハイグリップが誕生して約15年。モデルチェンジする度に更なる耐滑性、軽量化、スリップサインなどの進化を遂げてきたハイグリップ。食品業界の皆様からの絶大な人気を支え続けている土台には、多くの特許技術を誇る確かな信頼と安心があります。

1. 転倒事故を防止する靴底の構造

  • 滑りにくい靴底の秘密は、特殊な配合を施した材料とスリップを起こしにくい靴底意匠と、それを支える補強構造(下図)のトリプル効果!安全靴・作業靴技術指針で定められた耐滑性能の最高区分5(1~5、※粉職場用等該当しないタイプもあります)を実現しています。

補強構造

2. ひと目で交換時期のわかるスリップサイン

  • 靴の交換時期をわかりやすくするために、靴底の3ヶ所にスリップサインを設けました。靴底のすり減りによる耐滑性能の低下による滑り事故を防ぐための『見える化』機能です。(特許取得)

補強構造

3. 滑りの種類によって選べるソールバリエーション

  • 使用する床環境によって、滑りの種類は異なります。
    油が非常に多い環境や、グレーチングによる滑り、厨房だけでなくカーペットのフロアへも移動する環境、粉による滑りなど環境は様々です。ミドリ安全のハイグリップシリーズでは、滑りの種類によって選べるソールバリエーションを用意しています。

ソールバリエーション

水や油だけではありません!様々な“滑りやすい職場”に対応しています。

  • 粉職場用耐滑作業靴
    粉職場用に開発されたコナグリップソールが、粉等の微粒子状の物質によってスリップを起こしやすい床でもしっかりグリップ!安心して作業が行えます。

実験写真"

コナグリップソール解説"

重たいものを持っても安心!「滑りにくい靴底」+「つま先を守る先芯入り」作業靴

  • 「もしも滑って、重たいものを足の上に落としたら・・」
    ミドリ安全では、「滑りにくい靴底」+「つま先を守る先芯入り」の超耐滑ハイグリップをご用意しました。
  • 安全靴のリーディングカンパニー、ミドリ安全の樹脂先芯
    「つま先保護」といっても、写真のように性能には大きな差があります。下記の写真は、20キロの錘を36センチの高さから落とした時(プロテクティブスニーカーJSAA規格A種 衝撃試験)に、25ミリの高さがあった粘土が、どれだけ潰れずに残ったかを計測した様子です。もしもこの粘土が、あなたの足だったら・・・。先芯入り作業靴は正しい商品を選びましょう。

実験写真"

  • 足の構造を知ることから生まれたコンフォート設計
    ミドリ安全の先芯入り作業靴は、7,500人の足型データをもとに、あらゆる足形にフィットさせることを目的に開発しました。
  • 親指をまっすぐに伸ばして、快適に着用できます。どんな足型の方にも素足感覚で履いていただけるよう内振り靴型とワイド先芯を採用。指先への圧迫を最小限に抑えています。

親指をまっすぐに伸ばして、快適に着用できます。"

  • ワイド樹脂先芯で、つま先がひろびろ快適。足先への圧迫を抑える、幅広のワイド樹脂先芯と同じ安全性を持っています。
    当社鋼製先芯に比べ、40g/足 軽量、4mm幅広です。

ワイド樹脂先芯で、つま先がひろびろ快適。"

  • JISとJSAAの比較(抜粋)

JISとJSAAの比較"

ハイグリップシリーズのご購入はこちらまで